吉永小児科医院  福岡県久留米市の小児科医院です。

予防接種

予防接種を受けましょう



乳幼児健診、予防接種の予定一覧表 ・LinkIcon

New:この冬のインフルエンザ情報はこちら


流行っていない病気の注射でも打たなきゃいけないのか と疑問に思う人がいるかもしれません。多くの人が予防接種を受けて抵抗力をつけているから、病気が流行していないのです。打たない人が増えれば、また流行してくるでしょう。


予防接種よりも病気にかかった方がいいかとたずねるかたがいらっしゃいます。病気によっては、命に関わることもあります。おたふくかぜでは一生続く難聴に、水痘では亡くなる子もいますし、将来の帯状疱疹の原因になり得ることが知られています。予防接種を受けると、種類によっては一部の人はいつかかかってしまうこともあります。しかし多くの子どもたちは、かからずに済むと言われています。衛生的な生活と、栄養、そして予防接種で疾病の確率を下げておくこと これも親の大事な仕事です。
 予防接種の中には副反応の可能性があるものもあります。その恐さよりも、予防接種の有用性の方がはるかに上回ると考えられているもののみ、予防接種をお勧めしています。私の思いつきでなく、日本の小児科医の多くはどう考えているかをお伝えしたいと思っています。
 それぞれの予防接種について、不明なことは当院でお聞き下さい。また、インターネットなどでより詳しいことを勉強されるのも良いでしょう。気をつけていただきたいことは、様々な意見が混在していることです。予防接種が害であるとさえ書かれたものもあります。しかし、実はそのうちのいくつかは、ある少数の先生や素人の思い込みだったり、ごくごく珍しい意見だったりします。思い込み発言、恐怖をあおる意見に惑わされてはいけません。多数決がいつも正しいとはかぎませんが、根拠を持って判断している意見、多くの小児科医の賛同を得ている意見を探すことです。これは言うのは易しいですが、実際にはなかなか難しいことです。そのお手伝いをするために、私も学習を続けます。
 なにより気をつけたいのは、「予防接種は不自然なものを身体に入れている」とか「うちの子は、予防接種してなくても、あまり病気にならないよ」といった言葉に耳を貸さないことです。周囲の人が予防接種をして、その人達をバリケードにして自分や家族は病気にならず、のんきに文句だけ言っていることに気づいていない人たちですから。


 近年、予防接種は同時接種がスタンダードになってきました。一度に何本もの注射を受けさせることに抵抗があるご家族もいらっしゃるでしょう。しかし、同時接種をしても、一種類だけ打ったときに比べて、有効性も、副反応の確率も変わらないことが確認されています。たくさん増えた予防接種を受けそこなわないように、できるだけ早く防御能力を得られるように、スケジュール上、同時接種をお勧めします。多くの方が受けている同時接種スケジュールに合わせる方が、注射の間隔なども間違いが少ないと考えています。

予防接種・健診予定一覧表

2016年秋記載
各種予防接種

対象年齢が決まっていますが、水色タイトルの項目は無料、オレンジタイトルの項目は有料です。

B型肝炎ワクチン
後年の肝臓がんを予防するワクチンだと言ってもいいでしょう。
B型肝炎ウイルス(HBV)は、汗、唾液、涙、尿、からもウイルスが分離され、レスラー同士で感染した事例が報告されています。ということは、保育園での噛み付き事故でも感染する、思った以上に身近に危険がある疾病です。
3歳までにHBVに感染するとキャリアになりやすい事がわかっており、本当に守るべきは3歳未満児であると言えます。
また、不思議なことに、他の多くの不活化ワクチンと違って幼いほど抗体の上昇が良いので、小さい頃の予防接種は有効に役立ってくれるでしょう。 2016年10月より、定期接種になりました。対象年齢は無料で受ける事が出来ます。出来るだけ早期に開始しましょう。
ロタウイルスワクチン
高熱と2~3日続く嘔吐、10日ぐらい続く下痢を来します。特効薬がなく、脱水対策しか治療方法はありません。世界では、下痢症による5 歳未満の小児の死亡の17%を占め、その約4 割がロタウイルスによります。 ワクチンには2種類有りますが、いずれも生後2か月になったら、遅れずに受け始めます。詳細は、他のホームページ、または窓口でお聞き下さい。
ヒブワクチン
ほぼ世界中で行われている、b型インフルエンザ菌の予防接種です。恐ろしい髄膜炎や、また呼吸困難や窒息を起こす喉頭蓋炎の原因にもなります。この注射のおかげで発生が劇的に減少したことが報告されており、是非受けてもらいたい予防接種です。生後2ヶ月になったら、早めに受けて下さい。なお、ワクチンは、他のワクチンと同時にうつことができます。 2013年4月から、定期接種になりした。
肺炎球菌ワクチン
ヒブと同様に、細菌性髄膜炎の重要な菌です。是非セットで受けて、予防しましょう。細菌性髄膜炎は、ヒブの方が起こす例は多いのですが、肺炎球菌の方が重症であるとも言われます。生後2ヶ月になったら、早めに受けて下さい。 このワクチンも、同時接種で受ける方が多いものです。2013年4月から、定期接種になりした。
BCG
土曜日の昼 要予約。結核の予防接種です。日本はまだまだ結核の患者さんがいるものです。しっかり受けておきましょう。 今は6ヶ月未満という制限がありますが、2013年4月から、1歳未満まで受けることが出来るようになります。
四種混合
百日咳、ジフテリア、破傷風 三つが入っていた三種混合に、不活化ポリオが入って、四種混合になりました。
百日咳は、お母さんから免疫がもらいづらい病気です。生後数ヶ月の赤ちゃんがかかると、咳が強すぎてうまく呼吸ができなくなることもあります。大人の間で百日咳が流行っています。できるだけ早くうちましょう。 これまで三種混合を受けてきたお子さんは、引き続き三種混合をうちますが、その方達が受け終わったら、全てが四種混合に変わります。
ポリオ
小児麻痺の予防接種です。近年我が国ではほとんど見られなくなりました。しかし、海外にはまだたくさんあるようです。諸外国に遅れて、ようやく日本でも生ワクチンを飲むのでなく、不活化ワクチンの注射に変わりました。 四種混合には、入っています。ポリオ単独で受けることもいずれ無くなります。
MRワクチン
MRとは、麻疹と風疹の両方が入っているワクチンです。麻疹は、かかると命に関わることがある恐い病気です。必ず受けましょう。一度受けただけでは免疫がだんだん落ちて、大学生になった頃に流行ることが知られています。ですから、小学校入学前にもう一度受けます。 今までの統計を見ていると2回目の接種率が悪いようです。2回目の接種を忘れずに。風疹や、先天性風疹症候群の多さが問題視されています。しっかりと受けておきましょう。
おたふくかぜワクチン
以前はわかっていなかったのですが、最近、おたふくかぜにかかると数百人〜千人に一人は耳が聞こえなくなることがわかってきました。この難聴は一生治りません。おたふくかぜでは髄膜炎を起こすことも知られています。とにかく、一生続く難聴の確率を下げるために、予防接種が最適の方法です。
1歳以上で接種可能です。予防効果を確実にするために、2回接種が必要
1回目は1歳を過ぎたら早期に接種します。
2回目は5歳以上〜7歳未満で接種することが望ましいとされています。 日本で認識が低いのは残念なことです。お友達がかかったときいて、わざわざもらいに行かないように。
水痘ワクチン
みずぼうそうの予防接種です。みずぼうそうは、特効薬もあり、昔のように重症の病気となることは少なくなりました。しかし、タイミングを選ばず親子で外出できなくなること、子どもはその間熱やかゆみでつらいこと、皮疹のところに二次感染を起こすことがあること、将来の帯状疱疹の原因になることなどから受けることをお勧めします。なにより、とても安全性の高い予防接種です。
1歳以上で接種可能です。予防効果を確実にするために、2回接種が必要
1回目は1歳を過ぎたら早期に接種します。
2回目は3か月以上あけて、2歳未満に接種することが望ましいとされています。
お友達がかかったときいて、わざわざもらいに行かないように。
インフルエンザワクチン
2015年からのワクチンには、A型が2種類、B型が2種類入っています。B型が増えたことで、効果が不十分だと言われていたB型への有効性が期待されています。世界中おなじものが作られますが、その年に流行するだろうタイプを予測して作られています。積極的に受けましょう。脳炎脳症という重大な合併症が知られており、命を落とす人もいます。絶対予防できるものではないにしろ、すこしでもその確率を下げるために、予防接種を受けましょう。  中に入っている型が増えたことで、接種料金を上げざるを得なくなりました。ご理解ください。
日本脳炎ワクチン
日本を含むアジア圏では流行が確認されており、注意が必要です。特に九州に住んでいれば、よりリスクは高いと考えて良いでしょう。毎年、豚の間では広がっているウイルスです。必ず受けておきましょう。 九州っ子ならやっぱり受けとかにゃいかんばい
子宮頚癌ワクチン
中学1年〜高校1年は無料で受けられます。
ヒトパピローマウイルスにより、後年、子宮頚癌になることが知られています。このパピローマウイルス感染を予防するためのワクチンです。上記の年齢の女子は、公費で受けることが出来ますが、それ以外の年齢の若い女性も、是非受けておくべき予防接種だと思います。感染を繰り返すことで、いつか、本当にウイルスが居座ってしまいます。出来るだけ早めに受けることをおすすめします。
現在、日本では2種類のワクチン製品を使用できます。それぞれの内容は、来院しておたずねください。 2013年4月から定期化されました。
公費負担対象年齢しか受けられないわけではありません。若い女性、若いお母さん達も、できれば受けておきましょう。
現在、国の指導を受け、接種を停止しています。国の早い判断を待っています。